こうなったら仕方ない。

メモ代わりに、ちょこっとづつ。

【Produce101】待ってました!3人の再会( ^∀^)

マスターキーにジョンヒョンが出ると聞いた時、この3人、いや特にジョンヒョンとダニエルの絡みを楽しみにしていたのです!

本番は明日(11月4日)ですが、ニュース記事と写真があがってたので、高まりすぎて、訳しちゃいます( ^∀^)

 

まず、この写真を見て、ちょっぴり落ち込んだ?んですけど(笑)

f:id:gkfnzk1122:20171103235420j:image

え〜!ジョンヒョン1人じゃんって!(笑)

でもその後にキー君のインスタで高まって(笑)

f:id:gkfnzk1122:20171103235549j:image

3人で仲良く?後ろにいるじゃんって!(笑)

 

そして、本番を目前とした今日、ひと仕事終えて見てたら、記事と一緒にたくさんの写真が♡明日も仕事なので、早く寝ないといけないのに、これを訳さないと気が済まなかったので(笑)

さっ!どうぞ!!

 

【記事和訳】

原文はコチラ

http://m.chosun.com/svc/article.html?sname=news&contid=2017110301276&Dep0=www.google.co.jp

 

'マスターキー'Wanna One カン・ダニエル×オン・ソンウ、NU'EST W JRと再会 

f:id:gkfnzk1122:20171104000113j:image

イ・ジヒョン記者]'Wanna One'のカン・ダニエルとオン・ソンウが、NU'EST W JR(ジョンヒョン)と再会する。

 

4時午後6時10分に放送される、SBS'マスターキー'で、'Wanna One'のカン・ダニエルとオン・ソンウが、同じオーディション番組出身である、NU'EST W JR(ジョンヒョン)と再会する姿が公開される。

 

'マスターキー'は、トップクラスの人気スターたちがプレイヤーになって、これまで見ることが出来なかったゲームに参加し、'マスターキー'を持っている人を探すため、高度の心理戦に臨む、新しい概念の心理ゲームショウ。この日の放送には、イ・スグン(バムトッケビに出てる人)

、チョン・ヒョンム、SHINEEキー、EXOチャニョル、NU'EST W JR、GOT7ジニョン、WINNERソン・ミンホ、Wanna Oneカン・ダニエルとオン・ソンウ、TWICEサナ、女優イ・ソンビン等が出演し、アップグレードした'天使と悪魔'のマスターキーを探すため、心理ゲーム対決を繰り広げた。

 

先立って'マスターキー'の撮影現場では、Wanna Oneのカン・ダニエルとオン・ソンウは、' Produce101Season2'を通して苦楽を共にした、NU'EST W JRと再会し、喜びを隠しきれなかった。3人はゲームの休み時間のたびに、親たしい姿を見せつけた。しかし、和気あいあいな雰囲気の中でも、カン・ダニエルとオン・ソンウ、そしてJRはマスターキーを持っている人を探すため、終わりのない心理戦を展開し、緊張感を緩めなかったという裏話。

 

Wanna Oneカン・ダニエル×オン・ソンウとNU'EST W JRの再会、そしてひと時も緊張を解くことが出来ない、プレイヤーたちの心理戦は、4日(土)午後6時10分に放送されるマスターキーで公開される。

 (終わり)

f:id:gkfnzk1122:20171104003305j:image

この写真は、別の似たような記事に載っていたものです!

あー、早く動画で見たい( ^∀^)

 

 

【NU'EST W】JRソロ曲のこととか

アルバムが発売されて、日にちは経ちましたが!

29日放送のバムトッケビ(夜鬼)で、JRソロ曲の話をヒョンドンさんがしてくれたので、その話とせっかくなので歌詞和訳をしようかなと思いまして( ^ω^ )ちなみに♪今回の放送では、ドンホとウリボムジュヒョンが登場しましたよん!

 

まずは、バムトッケビの話から。

【バムトッケビ13話】

(울컥) 막막했던 과거 자화상, 종현의 솔로곡 'WITH'♪ 밤도깨비 13회 - YouTube

0:42〜2:00くらいの短い時間ですが、、、

 

f:id:gkfnzk1122:20171030230136p:image

字幕[ヒョンドン・ジョンミョン・ジョンヒョン起床完了]

☆ヒョンドンさんは、週刊アイドルでお馴染みです!(笑)ジョンミョンさんは俳優さん!バムトッケビには、3人以外に、スグンさんとソングァンさんっていう芸人?さんとFT islandのホンギさんがレギュラーメンバーで出てます。後の3人はまだ就寝中。

f:id:gkfnzk1122:20171030230520p:image

[録画当日 新しいアルバム発表を目前にしていたジョンヒョン]

ドニさん「ジョンヒョニ、これから本当に忙しくなりそうだな。来週アルバムが出るだろ」

ジョンヒョン「僕ですか」

f:id:gkfnzk1122:20171030230929p:image

ドニさん「ジョンヒョニ、お前のソロ曲良かったよ」

f:id:gkfnzk1122:20171030230945p:image

ジョンヒョン「僕のですか へへ」

ドニさん「まじで良かったよ」

f:id:gkfnzk1122:20171030231052p:image

ミョンさん「お、聴いてみたい」

f:id:gkfnzk1122:20171030231115p:image

ミョンさん「聴かせて♪聴かせて♪」

f:id:gkfnzk1122:20171030231135p:image

 ジョンヒョン「題名がWITHなんですよね」

f:id:gkfnzk1122:20171030231400p:image

f:id:gkfnzk1122:20171030231426p:image

f:id:gkfnzk1122:20171030231518p:image

f:id:gkfnzk1122:20171030231611p:image

ジョンミョンさん、聴かせてと言いながら運動を始めるかと思いきや、耳の近くに携帯を持って行ってちゃんと聴いてくれています。素敵!

※左下の白字幕は歌詞なので、ここでは訳してません!

f:id:gkfnzk1122:20171030231632p:image

 [淡々としたラップに込められた、誰かが経験してきた挫折と失敗]

f:id:gkfnzk1122:20171030231905p:image

ドニさん「ジョンヒョニの、自分のことなんだよ」

f:id:gkfnzk1122:20171030232003p:image 

f:id:gkfnzk1122:20171030232206p:image

[歌詞の中の主人公は、まさにジョンヒョン自身」

ミョンさん「思わず集中して聴いてしまいますね」

f:id:gkfnzk1122:20171030232144p:image

[歩んできた練習生期間...さらに長かった無名期間]

ドニさん「アフタースクール知ってるだろ?」

ミョンさん「はい」

ドニさん「その子たちと練習生活を一緒にしたんだよ」

f:id:gkfnzk1122:20171030232605p:image

ミョンさん「うわ〜」

f:id:gkfnzk1122:20171030232650p:image

[16歳のちびっ子が、成功への一歩を踏み出すまでにかかった時間...8年]

ドニさん「ほとんど10年かかって、ここまで来たんだよ」

ミョンさん「本当に長くしたんですね」

ドニさん「そう」

ミョンさん「練習生活を」

正確に言えばデビュー含めてですけどね!

f:id:gkfnzk1122:20171030233014p:image

 ドニさん「これまで長く見てきたから(ヒョンドンさんがジョンヒョンのことを?)、その歌詞が響くんだ」

もしくは、

「これまで長くやってきたからこそ、その歌詞に響きがあるんだ」

ここ、聞き取りにくくてですねㅠㅠどちらかのニュアンスだと思うんですけど><

f:id:gkfnzk1122:20171030233749p:image

[これからは一緒に歩もう...輝けるように飛び立とう]歌詞の一部ですね。

ジョンヒョン「はは」

 

番組の中で、こうやって少しでも紹介してもらえるなんてねㅠㅠ一緒に出てる人たちにも可愛がってもらってるみたいだし、本当良かったね!ソングァンさんは、インスタにもあげてくれてましたよん( ^∀^)

☆10/10アルバム発売日

f:id:gkfnzk1122:20171030235233j:image

 

[訳]#NUESTW #新曲 #whereuat #大ヒット祈願 #LOVE の中の一人 #ホーリーライトㅋㅋ

兄ちゃんが必要なら、駆け付けるから

僕の弟たち#jr #ベクホ #アーロン #レン 花道だけ歩もう~~!!♡

 

☆10/29バムトッケビ13話放送日

f:id:gkfnzk1122:20171031183110j:image

f:id:gkfnzk1122:20171031183127j:image

[訳] #NUESTW #マンネッケビ ジョンヒョニがくれたアルバム

もうすぐ今回の活動も最後だってㅜㅜ遅くなったけど

音楽放送1位おめでとう 素敵な手紙も本当ありがとう~~いつも謙遜ばかりして、ピュアで芸能感覚あふれるマンネ これからも長く一緒に行こう #バムトッケビ #今晩 #6時30分 #jtbc #本番死守

 

[手紙訳] ヒョン!!僕たちのアルバムです!!♡

本当にヒョンみたいにすごくよく面倒を見てくれて、実の弟みたいに可愛がってくれて ふふ すごく幸せです!いつもそばで助けてくれて、本当にすごくありがとうございます!これからもバムトッケビ一緒にやっていきましょうねん!一生懸命頑張ります!ヒョン

 

さて、そんなこんなを踏まえた上での歌詞和訳です( ^∀^)

ぜひ、イヤホンで聴きながら、意味を見てみてくださいねん♪コーラスで、ボムジュヒョンの声も聞こえてきます♡

 

【歌詞和訳:WITH(JR solo)】

作詞:JR、BUMZU

作曲:BUMZU、Anchor

編曲:Anchor

☆作詞作曲に、セブチでお馴染みウリボムジュヒョン!コーラスも!

☆韓国語の読みですが、個人的には日本語の発音を書いて読むより、韓国語をローマ字表記のものを読む方が、より正確な発音に近づける気がしているので、ローマ字表記にしています。

 

내가 좀 늦었지

naega jom neujeossji

僕、ちょっと遅くなっちゃたね

여기까지 오는 시간이

yeogikkaji oneun sigani

ここまで来るのに

좀 많이 걸렸지 좀 많이 걸었지

jom manhi geollyeossji jom manhi georeossji

ちょっとたくさんかかったよね ちょっとたくさん歩いたよね

계속해서 날 기다렸지

gyesokhaeseo nal gidaryeossji

ずっと僕を待っててくれたよね

날 기달렸지 날 기달렸지 YEH

僕を待っててくれたよね 僕を待っててくれたよね YEH

nal gidaryeossji nal gidaryeossji YEH

 

뒤에서 눈물 흘리는 걸 봤어

dwieseo nunmul heullineun geol bwasseo

後ろから涙を流しているのを見たよ

외면했어 다가가기엔 너무 난 작았어

oemyeonhaesseo dagagagien neomu nan jagasseo

顔を背けてしまったんだ 近寄るにはあまりにも自分が小さくて

 

무슨 생각하면서 눈을 감아

museun saenggakhamyeonseo nuneul gama

何を思って目を閉じたのか

물어보지 많아도 난 다 알아 YEH

mureoboji anhado nan da ara YEH

聞かなくても僕にはわかるんだYEH

 

매일이 지옥같은 느낌이었을지도

maeiri jiokgateun neukkimieosseulkido

毎日が地獄のように感じていたのかもしれない

주변에 나 혼자라는

jubyeone na honjaraneun

まわりに僕独りだと

기분이 들었을지도

gibuni deureosseuljido

感じていたのかもしれない

나도 내 맘이 내 맘 같이 않아서

nado nae mami nae mami gatji anhaseo

自分でも自分の心が自分の心じゃないみたいで

다가가기엔 너무나도 벅찼어 YEH

dagagagien neomunado beokchasseo YEH

近寄るのがあまりにも難しかったYEH

 

 

거울에 비친 날 제대로

geoure bichin nal jedaero

鏡に映る自分をちゃんと

쳐다보지 못 해

chyeoda bojido mot hae

見ることができなくて

두려움 때문에 문턱 앞에

duryeoum ttaemune munteok ape

怖くて扉の前で

한 걸음을 못 떼

han georeumeul mot tte

一歩を踏み出すことができなくて

바다 한가운데 혼자 떠 있는 돛대

bada hangaunde honja tteo issneun toccdae

海の真ん中で1人浮かんでいるマスト

바람이 돼서 이젠 내가 밀어 줄게

barami dwaeseo ijen naega mireo julge

風になってこれからは僕が押してあげるから

 

믿어줄게 그대가 해줬던 거처럼

mideojulge geudaega haejwossdeon geoscheoreom

信じるからあなたがしてくれたように

잊어도 돼 지금껏 아팠던 것 전부

ijeodo dwae jigeunkkeot apassdeon geot jeonbu

忘れて良いんだ今までつらかったことは全部

이제는 같이 걸어가

ijeneun gati georeoga

これからは一緒に歩もう

빛날 수 있게 날아가

biccnal su issge naraga

輝けるように飛び立とう

 

같이 걸어가 빛날 수 있게 날아가

gati georeoga biccnal su issge naraga

一緒に歩もう輝けるように飛び立とう

같이 걸어가

gati georeoga

 一緒に歩もう

 

내가 어두웠을 때 밝게 비춰줬었네

naega eoduwosseul ttae balkge bichwojwosseossne

僕が暗くなっていた時 明るく照らしてくれたよね

잠깐 기댈 수 있게 

jamkkan gidael su issge

ちょっとの間 寄りかかれるように

어깨를 빌려줬었네

eokkaereul billyeojwosseossne

肩を貸してくれたよね

이젠 좀 단단해줬어 많은 걸 받았어

ijen jom dandanhaejyeosseo manheun geol badasseo

今はちょっとたくましくなったし たくさんのものをもらったよ

 

전부 다 갚아줄 거니까

jeonbu da gapajul geonikka

全部全て返してあげるから

계속 옆에 있어줘

gyesok yeope isseojwo

ずっとそばにいてね

 

아름답게 더 아름답게

areumdapge deo areumdapge

美しくもっと美しく

지나갔던 시간보다 더 아름답게

jinagassdeon siganboda deo areumdapge

過ぎた時間よりもっと美しく

이젠 내가 밝혀줄게

ijen naega balkhyeojulge

これからは僕が照らしてあげるから

언제든지 기대도 돼

eonjedeunji gidaedo dwae

いつでも頼っていいよ

 

같이 걸어가 빛날 수 있게 날아가

gati georeoga biccnal su issge naraga

一緒に歩もう輝けるように飛び立とう

같이 걸어가 YEH

 gati georeoga YEH

一緒に歩もう

 

매일 나에게 넌 선물같아

maeil naege neon seonmulgata

毎日僕には君がプレゼントみたいだ

나만의 빛이 되어준 너

namanui bicci doeeojun neo

僕だけの光になってくれる君

 

언제든지 기대도 돼 이젠

eonjedeunji gidaedo dwae ijen

いつでも頼って良いからね これからは

언제든지 기대도 돼 YEH

eonjedeunji gidaedo dwae YEH

いつでも頼って良いからYEH

 

매일 나에게 넌 선물같아

maeil naege neon seonmulgata

毎日僕にとって君はプレゼントみたいだ

나만의 빛이 되어준 너

namanui bicci doeeojun neo

僕だけの光になってくれる君

 

언제든지 기대도 돼 이젠

eonjedeunji gidaedo dwae ijen

いつでも頼って良いからね これからは

언제든지 기대도 돼 YEH

eonjedeunji gidaedo dwae YEH 

いつでも頼って良いからYEH

 

내가 좀 늦었지

naega jom neujeossji

僕ちょっと遅くなっちゃったね

여기까지 오는 시간이

yeogikkaji oneun sigani

ここまで来るのに

좀 많이 걸렸지

jom manhi geollyeossji

ちょっとたくさんかかっちゃったね

계속해서 날 기다렸지

gyesokhaeseo nal gidaryeossji

ずっと僕を待っててくれたね

날 기달렸지 날 기달렸지 

nal gidaryeossji nal gidaryeossji

僕を待っててくれたね僕を待っててくれたね

 

 

ㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠ

【Produce101】NU’ESTのJRことキムジョンヒョン

1年ぶりにログインして、何が書きたいかって、Produce101についてなんですよね!からのWanna oneやらNU'ESTやらですね、今更ハマっちゃいまして…

ブログを新しく作り直すのもあれだったので、良かったらお付き合いくださいね!

 

プデュの中での押しはキムジョンヒョンでした( ^ω^ )

最初はプデュじゃなくて、なんだったけかな?

多分wanna oneを見漁っている中、関連動画ででたのが밤도깨비かな?

その動画見てたら、なんて可愛いんだ!となったのがキッカケだったようなそんな気がする。

 

SEVENTEENのお兄さんでもあり、でもお兄さんといってもデビューが早かっただけで、年齢は95ラインの子たちと一緒なんだよな~

 

プデュでは、すべての課題でリーダーを任され、しっかりしている印象なんだけども、プデュでもバムトッケビでも、とにかくしゃべり方とか発言がかわいくて仕方がない!

特にバムトッケビは、出演者の中でも最年少なわけで、アギッケビというあだ名で、まわりの方々に面倒を見てもらっている感がまた可愛いんだな~あ、あと笑い方が特徴的?なので、「へへへ」と言われからかわれてます(笑)あと、足元がフラフラ(笑)

 

話し出したらキリがないんだけども、まずはこの話から語ります!

 

【伝説の?Sorry Sorry 2組】

f:id:gkfnzk1122:20171023212421p:image

 

他のグループの子たちもそうなのかもしれないけど、このグループはメンバー自身もすごく愛着がある感じで、パフォーマンスはもちろん、そんなところがまた良いな~と思える組です。知っている方も多いかと思うんですけども、自分のためにまとめます(笑)

 

さて、このグループが結成された経緯というと、後に황갈량:ファンガリャン(三国志諸葛亮제갈량をもじった言い方)と呼ばれる、NU'ESTのメンバー、ファンミニョン氏による人選でした。この彼も可愛くて、また記事書きたいなと思ったり(笑)

選ばれたのは、

f:id:gkfnzk1122:20171028193613p:image
(ここのジョンヒョンとオンさんの挨拶風景もたまらない)

右から、緑のDクラス、ファンミニョン(95)

B:キムジェファン(96)

「舞台の完成度をあげるためには、ボーカルをしっかりさせないといけないのでは(と思って)」

A:カン・ダニエル(96)

「ピンクの頭に加えて、確実に目をひくことができる“何か”があるため」

F:クォン・ヒョンビン(97)

「背が高いからかわからないんですけど、目にはいってくるので、ステージの上でも目立つんではないかな」

A:オン・ソンウ(95)

「ダンスならダンス、歌なら歌(オールマイティにできる)」

B:キム・ジョンヒョン(95)

「<ナヤナ>のステージをする時、すごく熱心に踊るのを見て、すごくじんときました。ああ、本当に切実なんだな(と思って)」

 

ここで、ジョンヒョンがリーダーになるんですけど、彼はNU'ESTでもリーダーをしていて、自分のせいで上手くいかなかったんじゃないかと思っていて、リーダーは譲ろうと考えていたようです。でも、彼がリーダーだったから、5年間あまり注目されない中でも、みんな腐らず?にやってこれたんじゃないかと思いました。まぁ、NU'ESTとして活動してきたこれまでのことを知らないので、あまり偉そうなこと言えないんですけど(*_*)

 

とまぁ、譲ろうと思っていたけども、オンさんがジョンヒョンを指名して、満場一致で決まりました。

f:id:gkfnzk1122:20171025144525p:image

センターも、すんなりとオンさんに(笑)

 

で、早速練習に取り掛かりますが、まぁ踊れないクォンヒョンビン氏がいてですね(笑)ジョンヒョンはリーダーとして、先生に怒られたりするわけです。自分のせいでリーダーが怒られたからと言って、態度は変わらず…ある練習の日、相変わらずちょこちょこ練習室を出るヒョンビン。そして、そんな彼を見てダニエル君もイライラが止まらない。

f:id:gkfnzk1122:20171025144728p:image

f:id:gkfnzk1122:20171025144825p:image

出て行ったところ見て、ひく~い声で「なんで出ていくんだ?」と言い、ジョンヒョンもさすがに怒ります。

 f:id:gkfnzk1122:20171025144844p:image

「休めっていってないだろ」

「すいません」と言いながら戻ってくるヒョンビンに、ダニエルがひく~い声で何か言ってるんだが、聞こえない!

そしたらジョンヒョンが

f:id:gkfnzk1122:20171025144947p:image

「なんでしっかりできないんだ。声が高くなるだろ!」

 

??????ん????????

怒るときは声が低くなるもしくは、大きくなるのでは…?????ほら、どこかのカンダニエルさんみたいに!

この「목소리가 높아지잖아(モクソリガノパジジャナ)」は後に流行語となり、スタッフさんとかも使っていたそうです(笑)

 

でも彼は真剣に怒っているので、聞きましょう。ヒョンビンは怒られてるときの態度がまたね…下向いて指をイジイジ。まったくもう!(ヒョンビン嫌いじゃないけどね)ここでのポイントは、ヒョンビンが怒られているときに、ダニエルとジェファンもちゃんと立って聞いてるところ。

f:id:gkfnzk1122:20171025145054p:image

イイネ!

 

この回は、ジョンヒョンのリーダーシップとヒョンビン成長期でした。

f:id:gkfnzk1122:20171028194212j:image

 

その次のポジション評価では、バラバラになりますが、なんと!ダンス部門「Get Ugly」チームでダニエルがリーダーに立候補するという!その理由がまさにジョンヒョンリーダーで、私高まりました!というか、感動!(泣)

その流れを共有いたしましょう(笑)

f:id:gkfnzk1122:20171026132352p:image

オン「リーダーしてみたい人~リーダーは重要だよね」

 f:id:gkfnzk1122:20171026132403p:image

カン「立候補はまず僕がしたいです」

f:id:gkfnzk1122:20171026132442p:image

カン「わ~これ恥ずかしいわ、すごく」

f:id:gkfnzk1122:20171026132517p:image

スタッフ「リーダーしたことないよね」

 f:id:gkfnzk1122:20171026132547p:image

カン「一度もないです」

f:id:gkfnzk1122:20171026132631p:image

カン「歳は22(21)歳なんですけど、会社ではマンネなんで」(ここなまってますw)

f:id:gkfnzk1122:20171026132657p:image

オン「ダニエルがジョンヒョニを見て、結構影響をうけたみたいです」(オンさんがジョンヒョニと呼んだのにも高まる( ^∀^))

f:id:gkfnzk1122:20171026134953p:image

カン「リーダーというのは、正直今まで」

f:id:gkfnzk1122:20171026142752p:image

カン「ちょっと面倒くさいことを背負う役割だと思っていたんですけど」

f:id:gkfnzk1122:20171026142815p:image

カン「ジョンヒョニヒョンを見て、考えがちょっと変わりました」

f:id:gkfnzk1122:20171026142836p:image

カン「あぁ、今回は自分も人のために、少し犠牲になってみたり」

f:id:gkfnzk1122:20171026142857p:image

カン「面倒をみてあげたいという気になったので、リーダーをしたいと思いました」

 

とまぁ、ジョンヒョンさんは新たに一人のリーダーを生み出したわけです。私、ジョンヒョンとダニエルの絡みを探すのが好きで!また別にしないと話が長くなるんですけど(笑)あと、ジョンヒョン、ファンジェ、オンさん(たまにイムヨンミン←)あたりの95絡みを探すのも好き(笑)マスターキー、期待してます!

 

この後も「I know You know」では、なんとあのヒョンビンが!「Hands on me」ではオンさんがリーダーを務めました!!完全に影響があるわけではないでしょうけどね。でも、オンさんって、なんだかリーダーにはならないタイプだなと思っていたんですが、きっとジョンヒョンだけでなく、ダニエルやヒョンビンを見て立候補したというのがあるんじゃないかと思っている。勝手に(笑)イイネ!

 

で、ですよね。ジョンヒョンさん、結局全ての評価でリーダーを務めて、1位を取ったりしたんだけども、最終順位は14位だったんですね。みんなびっくり。私は、wanna oneを知ってからプデュ見たので、なんとも言えないですけどね…。

番組では放送がなかったんですが(多分)、選ばれたメンバー毎の映像があって、ダニエル君の映像の中で、ヒョンビンが号泣していてですね。二人とも声が低すぎて良く聞き取れなかったんですけど、

f:id:gkfnzk1122:20171026214344p:image

こんな大きな2人が仲良く恋人繋ぎをしてステージから降りてきたんですね。

f:id:gkfnzk1122:20171026214449p:image

 f:id:gkfnzk1122:20171026214535p:image

最初はおめでとうって言って笑ってんだけど、なんだかこんなことに。我慢してたのかしら?

カン「なんで泣いてるんだよ」

ヒョン「いや、泣いてないです」

カン「なんで泣くんだよ〜」

f:id:gkfnzk1122:20171026214635p:image

ヒョン「だってジョンヒョニヒョン…」

 って言ってるときにダニエルが呼び止められてますが、すぐ戻ってこれです。

f:id:gkfnzk1122:20171026214721p:image

「ジョンヒョニヒョンのことを考えると胸が痛いです」

f:id:gkfnzk1122:20171026214742p:image 

とにかく頑張ろう。みたいなことを言ってたと思うんですけどね。聞き取りにくい〜

ヒョンビンインスタより①

f:id:gkfnzk1122:20171026214913j:image

[訳]写真を送ってくださり、ありがとうございます。本当にとてもカッコ良くて大切な人たちです。これからも絶対に忘れないで、応援してくださるとありがたいです。この間、本当にお疲れ様でした。コンサートの時は、もっとカッコいい姿で団結します。

 

写真とか動画とか最後も、、、この友情に乾杯!

ㅠㅠ泣けますㅠㅠ

 

その後、wanna oneとしてのリアリティ番組wanna one goの中でも、Sorry Sorry2組に関する発言が映像がありまして!

 

2人1組になって最後の休日を過ごす中、ダニエルとソンウがペアになって、ソンウの運転でちょっぴり遠出をしたんですが、その車中で、プデュの話になり…

f:id:gkfnzk1122:20171026205641p:image

カン「自分の中で1番キツかったのが、sorry sorryを準備してるときだった」

オン「そうみえたわ」

f:id:gkfnzk1122:20171026205852p:image

カン「自信があったんですよね。ステージを上手くやれるっていう」

f:id:gkfnzk1122:20171026210119p:image

 カン「でも、まず...現地投票数を見て衝撃を受けたよね」

f:id:gkfnzk1122:20171026210242p:image

オン「その時、チームで1番点数が悪かったよね」

f:id:gkfnzk1122:20171026210425p:image

カン「点数が1番わるかったんですよね。辞めようかと思ったりもして、あの時は本当に辞めたくなりましたよ。自分に対して、すごく恥ずかしくて」

f:id:gkfnzk1122:20171026211010p:image

カン「sorry sorryをする時、ボーカル室で、ジョンヒョニヒョンとかヒョンとかジェファ二とか、みんな一緒にいる時悩み相談をして、俺これが最後だ、どうしようとか、そんなことを話したりして」

f:id:gkfnzk1122:20171026211053p:image

オン「sorry sorryチームは、もう、普通の友達だよね(실친=실제 친구=実際の友達、リア友)」

f:id:gkfnzk1122:20171026211453p:image

カン「そう。俺たちだけの連帯感も、結構あったと思うな、深くね」

f:id:gkfnzk1122:20171026211659p:image

オン「チームの雰囲気も良かったし」

f:id:gkfnzk1122:20171026211631p:image

 カン「臨時だったけど、これからずっと記憶に残るクルーだったと思う」

f:id:gkfnzk1122:20171026211824p:image

[頼もしいメンバーたち]

オン「こわいものがなかったもん」

f:id:gkfnzk1122:20171026211942p:image

オン「プデュ生活の中で、すごい支えになった」

f:id:gkfnzk1122:20171026212208p:image

 オン「sorry sorryしてる時が、1番楽しく生活した気がする」

という話をしてくれていたときには、もうね!!まだ最初の方だったということもあるんでしょうけども。この時に一緒に流れた動画もなんか良かったㅠㅠ プデュのあのちっちゃい部屋に、そりそりメンバーみんな集まって、こっそりお菓子食べてるやつㅠㅠ

 

他にも、ヒョンビンが脱落してしまったとき、みんな同じタイミング(多分)でヒョンビンのところに集まってて、ジェファンはボロ泣き、ミニョンとオンさんまで涙を拭う姿が見れました!

f:id:gkfnzk1122:20171026142951p:image

ぐでたまやカトクのライアンに似ている彼は、泣き顔が一人っ子の甘えん坊っぽいんだよね(笑))

f:id:gkfnzk1122:20171026143052p:image

(このジョンヒョンさんの手…(;_:))

f:id:gkfnzk1122:20171026143129p:image

 f:id:gkfnzk1122:20171026143210p:image

(実はジョンヒョンも涙を堪えていたのではないかな、と)

ヒョンビンインスタより②

f:id:gkfnzk1122:20171026213413j:image

 申し訳なくおもう方たち(炎)

#ファンガリャン #ブギ #ヤギ #黒蝶 #ダニェル #オン

 

オンさんとジェファンは、一緒になりたくない人でヒョンビンって言ってたんだけどね(笑)多分、仲いいから言えるんだよね(笑)ボア代表も、仲の良さを知ってての質問なんだと思うんです。

 

 

という、私の中で最も熱いプデュ友情物語(ジョンヒョン贔屓)でした(笑)

f:id:gkfnzk1122:20171026212958p:image

さて、次はSorry Sorry 2組ではなく、全体の中でも繰り返し見たシーン特集(ジョンヒョン贔屓)をします(笑)

【SEVENTEEN】13 17 24フォトブック〜ジョシュア編②〜

【引き続きインタビュースタート】

 

Q.コンサートで歌った〈マンセ〉のアコースティックバージョンも、直接編曲したんですか?

A.はい、そうです。僕たちが1集〈アッキンダ〉の編曲はR&Bでしたんですよ。すごく真剣な感じになったんですが、〈マンセ〉のアコースティックバージョンの場合は、より明るく、よりファンたちと楽しむことができるように作りました。前で演技をする設定を入れたりもしました。

 

Q.編曲ではなく、作曲をしてみるのはどうですか?

A.作曲は僕の時間があるたびにやってみようとしたんですが、本当に難しいんですよ。上手くできません。メロディーとギターまで録音したんですが、歌詞が…歌詞を書くのがとても難しんです。なので諦めました。

 

Q.どんな感じで作ったか気になりますね。

A.想像?う~ん、僕の未来にたいする、そんな感じにしたかったんですけど、歌詞が上手く書けなくて…歌詞を書くにはまだ韓国語が十分ではなくて。より続くように、より文章になるように歌詞をかくためには、まだまだ韓国語を練習しないといけません。

 

f:id:gkfnzk1122:20161027183942j:image

 

Q.仕事に対する欲が多い方のようですね。

A.僕がやりたいことには、本当に欲が多いです。やりたくないことはしません。

 

Q.やりたくないことは何ですか?

A.やりたくないこととまではいかないんですが、最近は運動がちょっとそうです。僕はダイエットするとき、有酸素運動をたくさんするんですよ。有酸素は結構痩せるみたいなんです。アメリカにいるときは、痩せようと一日3時間くらい走っていました。鳥の胸肉と野菜だけ食べて。でも最近は長い間走ることがとてもきついんです。面白くありません。今はあまり走りません。

 

Q.ほかの運動はしないんですか?

A.はい。ただ踊って練習だけしています。そのお陰であまり太りはしません。あ、僕、全身を持ちこたえるのを5分くらいできます。みんなは1分とか2分しかできないんですが。

 

Q.ファンたち、さらにはメンバーたちもまだよく知らない、これからもっと見せたい部分もありますか?

A.歌をもっと頑張って、もっと上手く歌う姿を見せたいです。今はパートが少ないんですよ。歌の練習を確実にたくさんして、団体曲でのパートが、もっと増えたら良いです。

 

Q.デビューのはじめインタビューで「セブンティーンがワールドスターになる日まで頑張る」と言っていたのを見ました。どのくらいになったらワールドスターと言うことができるでしょうか。

A.全世界のワールドツアーをするくらいになったら?(笑)世界的にセブンティーンがたくさん知られたら良いです。アメリカでも。

 

Q.何年くらい過ぎたらできますかね?

A.本当に本当に一生懸命やって5年。

 

Q.今でも海外のファンはないですか。

A.でも僕はもっとたくさん知ってもらいたいです。

 

Q.ワールドツアーコンサートをするなら、いちばん初めに行ってみたい国もありますか?
A.アメリカに行ってみたいです。友達たちにたくさん見せてあげたいです。彼らは僕がステージでやっていることを、一度も見たことがないからです。YouTube動画で僕たちの団体ステージを見たそうですが、僕のソロステージは見たことがないから。

 

f:id:gkfnzk1122:20161027184018j:image

 

Q.早くできるといいですね。

A.僕はセブンティーンが早く知られて、上手くいってお金をたくさん稼いで、両親に親孝行をしたい気持ちが大きいです。僕がアメリカにいたとき、母はいつも仕事をしていたんです。日曜日まで。そんなに忙しく仕事をしているのを見ていたので、僕がたくさん稼いで、母を助けてあげたい気持ちが大きいですね。母は助けてくれなくても大丈夫だと、私が仕事をして稼ぐからと言うんですが、僕は母がもっと気楽に暮らしてくれると良いです。仕事ばかりしていないで。

 

Q.目標はいつぐらいにしていますか?

A.それは…わかりません。ひたすら頑張って、もっと頑張ったらどうにかなるでしょう。

 

お・わ・り

 

 

いや〜!やっと!終わりました!長かった!!!(笑)最後の方、だいぶ時間がかかりましたが、良かった〜!カムバがいつになるかは知りませんが、きっともうそろそろかと思っているので、その前に終わって良かったです!(笑)カムバに向けて、前髪切りすぎ注意報...

さ!次は何にしようかな〜♪

何かある人はアイデアをください〜(笑)

では、これにて!フォトブック訳終了です!

お付き合いありがとうございました!

【SEVENTEEN】13 17 24フォトブック~ジョシュア編①~

はーい!やっと最後の1人!ジョシュアさんであります!

 

f:id:gkfnzk1122:20161026210321j:image

ホン・ジス(1995.12.30/A型)

 

【インタビュースタート】

Q.紹介するとき‘ジェントルマン’と言うじゃないですか。その言葉に自分がよく合っていると思いますか。

A.こ…え?(笑)、イメージ…?歌を歌う時も、呼吸がよく抜けて柔らかい感じがないこともないですし、会社では「教会のお兄さん」というイメージもあります。僕が小学校のころから教会に通っていたんですよ。でもコンサートの時は、たまに「プライベートで一番面白いジョシュア」と紹介したりします。

 

Q.何をしたとき、メンバーたちが一番よく笑いましたか?

A.最近は、2行詩や3行詩をよくさせられます。それをする時たくさん笑って、ただふざけた踊りをする時も笑います(笑)

 

Q.ふざけあったり、遊ぶ時はイメージのようなものを考えないようですね。

A.最近は、そういうことに気を使わないようになりました。前は、ファンたちが考えるイメージに合わせようとしたんですが、今はファンたちも僕たちを知ってるじゃないですか。もうちょっと自由にしようとするようになりました。僕がデビューするときは、ファンたちも僕のことをジェントルマンで、なんだか口数が少ない、そんなメンバーだと見てくれていたんですよ。最近は、メンバーたちとずっと一緒にいて、カメラにも慣れて、ファンたちとも気楽な関係になったので、僕の本当の姿がでてきたみたいです。

 

Q.アメリカではどんな子供でしたか?

A.すごく静かに生きてきました。お母さんが、友達の家に泊まることができないようにしていました。なので、自分の家でだけ寝て、熱心に教会に通いました。一週間に、金・土・日の3日間くらいは通っていたんですよ。学校でも静かな方でした。外に出て、特技自慢のようなことをしたりとか、そんなことは全く絶対、絶対に想像もできませんでした。とてもこわくて。

 

Q.両親もジョシュアさんに、これほどの才能があることをご存じなかったでしょう?

A.僕は家でも歌をあまり歌わなかったんです。なので両親も、僕たちのコンサートを見に来た時、とても不思議に感じたようです。「お前が歌を歌って、ダンスを踊るなんて誰が思ったか」と言っていました。ただ「一生懸命やりなさい。お父さんたちがずっとサポートしてあげるから」と言ってくれたりもして。

 

f:id:gkfnzk1122:20161027183155j:image

 

Q.もともと、歌手ではなくしたいことはありましたか?

A.事業?う〜ん…食堂?カフェ?(笑)大きいところを買って、やりたかったです。

 

Q.特異ですね。

A.ああ、家族たちがみんな事業をしていて、お母さんは韓方医師なんですよ。なので、事業もしくは韓方医師になるのはどうかな、とよく考えていました。でもキャスティングされて、練習生生活をしてみると、とても面白かったんですよ。だんだんと考えがかわっていきました。

 

Q.今考えてみると、事業韓方医師もうまくいっていたと思いますか?

A.はい。僕は知らない人とも上手に話すことができるし、話をすごく面白く気楽に話すことができるので、事業はうまくやれると思います。それに、家族がみんな事業をしているので、たくさん助けてもらえていたと思います。

 

Q.観察力もいいですしね。

A.はい。人の顔を覚えるのも得意です。名前はあまり覚えられないんですけど(笑)ファンサイン会をする時に会ったファンたちも覚えていたら、覚えていることをつたえるために、「この前も来ていましたよね。本当によく来ていますね」と声をかけます。話し方と頭の色で分けて覚えています。

 

Q.ギターは教会で習ったんですか?

A.はい。聖歌チームをしながらたくさん習いました。

 

Q.それまでK-popへの関心が少しでもありましたか?

A.それまではK-popをほとんど聞いたことがありませんでした。僕はもともとアコースティック音楽のような曲が、すごく好きだったんですよ。今は韓国でも知られてきていますが、ジェフバーネットのようなYoutubeアーティストをたくさん探したりしていました。ギターを一人で習って、ギターのコードを抜いてそういった歌を真似してみたりして。

 

Q.会社に入ってきて習った事は、それまで好きだった音楽のスタイルと違うじゃないですか。練習が大変だったでしょう。

A.僕たちは一週間に一回づつ評価会のようなものを開いて、検査を受けるんですよ。韓国の歌の暗唱が本当にとても難しかったですね、その時は。僕は歌詞を見ても早く読むことができないので、歌の練習が上手にできませんでした。

 

f:id:gkfnzk1122:20161027183529j:image

 

Q.どうやって克服しましたか?

A.メンバーたちに本当にたくさん尋ねました。ひたすら尋ねましたね。「この発音はどうするのか、これはどう読むのか、この歌はどのように歌わなければならないのか」こうしながら、のびていきました。初めて覚えた韓国の歌は、バビーキムの〈愛...そいつ(사랑...그 놈)〉でした。

Bobby Kim (바비킴)_ 사랑..그 놈 - YouTube

 

Q.大変な思いをしてデビューしましたが、今の自分を見たとき、上手くやっていると思いますか?

A.はい。少しづつ良くなっていると思います。

 

Q.セブンティーンというチームの中で、ジョシュアさんの役割はどんなことだと思いますか?

A.アメリカのお兄さん?(笑)英語?

 

Q.ボーカルとしての役割も悩みでしょうね。

A.僕の声は柔らかくて、アコースティックな感じ?僕たちの1集と2集の中に、僕が編曲をしたのがあるんですよ。アコースティックギターで。そんなこともたくさんして、録音するときもたくさん助けになります。ラップをするミンギュが僕に、コーラスの録音をしてくれと言うんですよ。

 

 

つ・づ・く

【SEVENTEEN】13 17 24フォトブック~ホシ編②~

【引き続きインタビュースタート】

Q.メンバーそれぞれに合っている表情や動作はありますか?

A.例えば、ドギョミはワイルドな動作が合っていて、スングァニは、若干可愛い振付が合っているので、それをあわせることについて、よく悩みます。僕が好きな動作ではなく、メンバーに合った動作にしないといけないからです。僕は少しオーバーに表現しないといけません。実際に表現することよりも、テレビに出るとちょっと良くなくうつるんですよね。なので、ファンたちがどのように見るかな、と気になったりもします。

 

Q.初コンサートをしたとき、ファンたちの反応を見てどうでしたか?

A.僕はパフォーマンスチームなので、ダンスを踊るとき観客たちをよく見れないことが多いです。なので、ステージが終わってからコメントをするとき観客を見たら、すごく良かったです。

 

f:id:gkfnzk1122:20161010114810j:image

 

Q.デビューした時からずっと、ステージでイッシューとなっているチームですが、続けて振付をするのは大変じゃないですか?

A.負担になることもありますが、みんなが助けてくれるので、大きな負担にはなりません。どうしたらもっと発達した姿を見せることができるかという考えが浮かびます。会社がわざわざ、負担を減らしてくれるように、みんなが助けてくれるようですし。メンバーたちと振付師のヒョンともたくさん会議をして。

 

Q.アイデアはどんな方法で浮かんできますか?

A.あれこれしてみると、いろいろと試し続けるようになりました。無理やりにでも合わせてみたり、映画もたくさん見たりして。歌を初めて聞いたとき、頭をよぎるイメージはあるんですが、そのイメージを生かそうします。〈OMG〉はもともと、主題をニンジャ・タートルズで考えて、ショーケースの時は、色別に紐を巻きました。青色、紫色、赤色、という風にしたんですけど、コンサートの時はしませんでした(笑)〈マンセ〉のダンスをするときは、運動会をたくさん検索しました。'バーノーン’、'エスク-プス’をする時、なんだか少し運動会のようだったので。それと、〈アッキンダ〉は練習室に入って、窓を見たんですが、メンバーたちがすごく楽しく遊んでいたんですよ。それを見て、こういう正直な姿をみせたかったんです。若干、ふざけてる少年たちの姿を入れようとしました。

 

Q.Mnet〈MAMA〉で〈マンセ〉をしたときは笑いましたが、ステージに出てきて、通路でパフォーマンスをするときは、すごく真剣な雰囲気を出してましたね。本人の姿について、よく知っているという印象を受けました。

A.その差について、確実に研究して計算します。もともとの性格が、やるときはやって、ふざけるときはふざける性格なので、それが自然と出ているんだと思います。

 

Q.それでファンたちも、遠い将来、ソロで活動する姿を見たがったりするのかもしれないですね。

A.遠い未来なら、そういうこともあるかもしれないですね。でも、今はまだ違います。

 

Q.その未来はいつきますか?

A.チームを頂上まであげて、ずっと維持した後になると思います。言葉で表現するというよりは、なんというか、よし!十分だ、と思う時が頂上だと思うんですが、その「十分だ」と思う時がやってくるでしょうか?本当に本当にただチームが上手くいけばいいと思います。会社ともそうだし、メンバーたちともそうだし、とても仲が良くて大切なので。デビューがのびながら、デビューを切実に願ったのも大きく、大切な夢でもあったので。

 

Q.だから、新人賞をもらったとき、いちばんよく笑っていたんですね(笑)

A.もらえるとは思いませんでした。僕はもともと普段から、よく泣く方ではないので。強くなりました(笑)

 

f:id:gkfnzk1122:20161010115006j:image

 

Q.もう、たくさん愛されていると感じますか?

 A.コンサートの時、特にそうです。あの時の歓声は今でも記憶に残っています。すごく嬉しかったんですよ。僕は、ファンたちが声をあげる時が、すごく好きです。そのために、諦めることができない夢でした。学校のお祭りの時にもらった歓声に、胸がじんとした気持ちを忘れることができません。

 

Q.ファンたちを見て、どんな思いが浮かびますか?

A.練習生になってから、本当に練習だけしました。なので、よりファンたちが大切です。僕は、何もしてあげることがないのに、こうやって僕を好きでいてくれて、愛してくれる人がいるということが、本当にありがたいです。俺、本当に幸せだな。

 

Q.そのファンたちの前で、披露したいステージがありますか?

A.ひたすら想像だけするんですが、本当に手に負えないほど大きなステージに立ってみたいです。人々がアリよりもっと小さく見えるほどの、大きなステージ。そこで僕は、立っているだけです。すべての光がパッと点いたときに、周りを見渡したら、みんなが大きな声を上げるんです。すでに歓声が聞こえます。まずはそれを感じて、そして静かになるタイミングを見ます。まさにその時がスタートです。観客たちは歓声をあげて、僕はその歓声を一緒に感じて歩いていきます。でも、僕が歩いていくときは、誰も声をあげることができないんです。一人の人に集中するようにすると、誰も声をあげません。そんな感じで公演を始めます。

 

Q.セブンティーンというチームで、どんな人として記憶されたいですか?

A.ただ、自分のことに情熱があって、ステージを大切に考える人だった。

 

 

お・わ・り

 

 

ホシ君!特にコメント入れてませんが、実は私の中では上位にいる彼!(笑)話し出すとキリがないので、やめました!ただ1つだけ!ホシ君、昔、それこそテコンドーをしていた頃の写真わ見てみると、ちょっとぽっちゃりしていたみたいですが、今は全然そんなことないじゃないですか!なのに!指だけ!彼の指だけ、昔のぽっちゃり時代の名残かのように、骨ばっていない、むしろプニプニしてそうなんです!そこがまた可愛くて!(笑)

f:id:gkfnzk1122:20161010115619j:image

※画像お借りしました。

 

わかってもらえますか?!(笑)いや〜可愛いな〜!あ、また長くなりそうだから、おしまい!

 

残すはジョシュア氏です!がんばれ~(笑)

 

彼らはきっと、今年中にもう一度カムバックしてくれるんでしょうね^ ^!そして、年明けには日本でまたライブをしてくれるのではないかと、期待中!(笑)

 

ではまた!

【SEVENTEEN】13 17 24フォトブック~ホシ編~

さぁ!やっと!!!更新!前置きはなしにして、さっさっそくどうぞ!!!

 

 

f:id:gkfnzk1122:20161010113817j:image

クォン・スニョン(1996.06.15/B型)

 

 

【インタビュースタート】

Q.子どもの頃テコンドーをして、アニメ<満月を探して>が好きな少年だったのに、いつから芸能人になろうと思ったのですか?

A.<満月を探して>が、歌手になりたい少女の話じゃないですか。喉が良くなくて、手術をしないといけなかったんですが、ある死神が願いを叶えてくれ、少しだけ大人になって歌手としてデビューします。それを見ながら、歌手の夢ができました。それと、テコンドーに‘音楽の構え’と言って、音楽に合わせて、テコンドーの動作をするのがあるんですが、それもすごく面白かったんです。

 

Q.両親にはいつ決意を言いましたか?

A.6年生の時からやりたかったんですが、その時は両親に気づかれないよう、2人が寝てからベランダで踊ったり、トイレで音楽を聞いて踊ったりしました。中学校2年生の時、学校のお祭りに出たんですが1位だったんですよ。その時から本格的に始めましたが、両親は反対していました。なので3年生の時までに会社に入ることができなければ、勉強をしようとしました。でも、本当に会社に入ったんですよね。

 

Q.その時は、どんなダンスをしたんですか?

A.他で習ったことはなくて、Youtubeの動画やカッコいいダンスを真似しました。ダンスは入社して初めて習いました。アーバンをたくさん習ったんですが、ヒップホップも習いました。どちらも全く違うジャンルなので、すごく助けになったんです。会社で舞踊も習わせてくださって。僕が得意なダンスがあるのはありますが、習えばならうほど「あ、このダンスばかり踊っていてはダメなんだなぁ」と、すごく思います。今も習いたいものが本当に多いです。特に現代舞踊

 

Q.<アッキンダ>や<マンセ>は、現代舞踊ではないですが、ストーリーテリングのような面もあり、曲ごとに違う雰囲気があるので、ミュージカルと似ているという話も聞きます。

A.ストーリーテリングがとても重要だと考えます。練習生の時も‘昔のインディアン’というダンスをつくったんですよ。テレビを見ていたら寝てしまったんですが、夢の中でインディアンの世界が広がっていて、そこでダンスを踊っていたら起きて。ダンスを踊る人がかっこよく見えないといけないし、見る人が楽しんでくれないといけないという考えがあるので、ストーリーテリングが必要です。

 

Q.セブンティーンのステージは、13人でストーリーテリングをしないといけないですが、どんな過程を通してしますか?

A.作っりながら、流れができる時もあるし、初めにその音楽ができた時、その感じにあわせたりもしますが、ひたすら修正をします。デビューする1~2年前から、団体ダンスを作り始めて、その時から自然と大人数が踊るダンスを考えていました。

 

Q.特に<マンセ>は、「だから13人が必要なんだな」と思う振り付けでしたが、どのようにして始めましたか?

A.一緒にダンスを作るヒョンと振り付けを考えたら、いったんみんなで集まります。集まったらメンバーたちが、まずは良くついてきてくれて「ここでこうやってみようか」「ヒョンここでこやってみましょう」とこんな風に変えたりもしながら、ベストを選びます。なので練習するのがすごく簡単です(笑)メンバーたちが本当にすごくよくしてくれるので。

 

Q.たくさんの人数が必要な振り付けをつくるとき、重要だと考えることはなんですか?

A.13人なので動作も動作ですが「集まった」、「散らばった」がとても重要だと考えます。ダンスをつける曲をはじめ聞いた時、感じる流れがあるんですが、それを覚えておきながら、緩急の調節をしようとします。ここは少し遅くすると良いと思うんだけどな、という考えもあって、早くなる状況で何か急に遅く、不意を突く部分を探します。

 

 

Q.<マンセ>で前にパッと突きながら出てくるのが、いちばん印象的でした。

A.<マンセ>の初ステージでその部分をするとき、観客たちが歓声をあげたんですが、そこであんなに歓声があがるとは思いませんでした。意図していない部分なのに、みんなでつけた振り付けなので、自分の思い以上のものでした。

 

Q.謙遜しますね。

A.いや、本当です。僕たちのチームのダンスは、一緒にしているヒョンもいて、クリエイティブディレクターさんもいて、メンバーたちもみんな一緒にアイデアを出すんですが、僕だけだと思われると申し訳ないです。みんな苦労したものなのに。

 

f:id:gkfnzk1122:20161010114717j:image

 

Q.メンバーたちに、振り付けをはじめて見せる時どうですか?

A.僕がソロで見せたことはなくて、ふつう振り付けを見せる時は、団体でやってみて撮影してから見せるので、本人たちも満足しているようです。初放送の事前録画をした時が、音源が出る前だったんですが、「よし、全部出し切ってやる!」という思いで出ました。そこにいる人たちみんな、自分たちのファンになってもらいたくて、僕たちだけで集まってこんな話をします。デビューしたら、いちどは最高にならないといけないんじゃないか、と。そんな、言葉では説明できない感情で湧き上がってくるものがあるんですよ。それで維持されているんだと思います。

 

Q.メンバーたちは、お互いどのようにして意見を交換しますか?

A.練習の最中は、お互いにカメラで撮ってあげます。モニタリングをしながら、本人たちの良い表情を探します。それと、僕もまだ若いので、どれが良い選択なのか区分できない時があります。そういう時は、クリエイティブディレクターさんがいつも一緒にいらっしゃるので、見てくれます。

 

Q.メンバーたちとは、どんな方法で仲良くなりました?

A.う~ん、言ってもいいのかな?おならをしたりとか?(笑)はい、一緒に住んでいるので、そういうことが自然とでてきます。一緒に生活しながら、ぶつかることもありますが、そういうことを乗り越えたら、家族のように親しくなるんだと思います。メンバーたちはもともと優しいので、身体をつかって喧嘩したりすることは、初めから一度もありませんでした。

 

 

つ・づ・く