読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こうなったら仕方ない。

メモ代わりに、ちょこっとづつ。

【SEVENTEEN】13 17 24フォトブック~エスクプス編②~

【引き続きインタビュースタート】

 

Q.初コンサートの時は、本当に気分が良かったと思います。ファンたちに、直接何かを伝えることができたと思うので。

A.座席があんなに埋まっているとは思っていませんでした。練習生の時は、100名、200名の前でコンサートをして、800名が来たので…他の方が聞いたら少なく見えるかもしれませんが、僕たちにとっては、大きく感じたんですよ。

 

Q.ファンたちと直接会って、ファンたちの想いを感じましたか?

A.目をみれば、あの人は自分を好きでいてくれるのか、わかるじゃないですか。ファンたちが僕たちを見つめる目から、たくさん愛をもらっているんだな、とよく感じます。はじめあがった時は、すごく緊張していましたが、ファンたちが喜んでくれるので、緊張感もあまりなくなりました。公演の準備をしながら、一緒に楽しみたいという想いが膨らんで、練習をして不足している部分をなくしていきます。公演の前日まで、構成を変えたりとか、列をもう一度合わせてみたりとか。

 

Q.公演の時、メンバーを気にかけたりとかもありますよね?

A.コンディションを一番大事にしています。自分が楽しいと、観客も楽しいと思うので、公演の前に集まって、ファイティンしたりして。公演当日に、リハーサルをしてみると、コンディションが良くない子がいる時があります。公演の前、準備をしている時までは大丈夫だったのに、公演の前日くらいになると、疲労がどっと出てしまって、ちょっと良くない子がいるので、また気分をあげるようにします。楽屋で、みんな疲れていたりすると、また声をかけてみて。そうしていると、だんだんと元気になってくるんですよ。

 

 f:id:gkfnzk1122:20160823184826j:image

 

Q.チームの雰囲気が一番大事だと思っているようですね。

A.セブンティーンは、エナジーが一番重要だと思っています。練習生の時からコンサートをしながら、たくさんの方に感じて欲しいと思うことが、僕たちのエナジーだったんですよ。デビュー前に、アフタースクール先輩のダンサーとして、ステージにあがったことがあるんですけど、その時から思っていました。その時、「すごく良いな。自分の曲と自分のダンスで、もう一度ステージにあがりたい」と思っていました。

 

Q.そんなにステージが好きですか?

A.ステージにあがるたび、いまだにジーンときます。たった一人の人でも、僕たちに大きな声を出してくれて、好きでいてくれることに、ジーンとくるんです。練習しながら、ステージでたくさんのことを見せてあげたい、準備をしながら疲れても、そうしたいという想いがいつもありました。でも、それが現実になったんです。大変ではありますが、ステージにあがる感じがとても恋しいし、好きです。

 

Q.‘マンセ’で出た、初ステージは覚えていますか?

A.まず、無我夢中でした。このステージを、上手く乗り切ろうという考えしかありませんでした。メンバーたちが直接曲を作って、振付もしているので、出たときに、たくさんの方々が、気にいってくれるという確信はありました。

 

Q.そして、新人賞までもらいましたね。

A.長い間練習してきたことが、すべて報われたような気持ちです。練習生の時、つらかったことも、今考えてみれば、なんでもなかったことのようです。すべて報われたような気がしたので。

 

Q.それくらい、ファンたちが早くからたくさん愛してくれたということですが、ファンたちにとって、どんな人に見られたいですか?

A.リーダーとして12人みんなを、包み込める人。ファンたちが、クプスがいるから安心できると言えるような、そんな人になりたいです。いつでも、ダンスがかっこいい、こんな言葉を聞くのも良いですが、あなたがチームのリーダーだから心が軽い、またはあなたがリーダーで本当に良かった、という言葉を聞くときは、もっと嬉しいです。

 

Q.エスクプスにとって、メンバーはどんな意味ですか。

A.家族。自分がどこかに行って、外に出て何をしても、セブンティーンという空間に戻った時、誰よりも自分の味方になってくれる人たちです。ユニット別でスケジュールに行って戻ってから、13人が集まると「そう、これがセブンティーンだ」という感じがします。「やっぱり、みんな集まってこそセブンティーンだ。良いな。」

 

Q.それでは、13人がこれからどのようになると良いですか?

A.チームのことをいつも一番に考えてくれると良いです。どこに行っても、チームを一番に考える。はい、そんなチームになりたいです。

 

 f:id:gkfnzk1122:20160823185443j:image

 

Q.リーダーとして代表に言いたいことはありませんか?

A.う~ん、代表に言いたいことは多いです、多いんですが(笑)。まずは僕たちが、もう少しうまくいけば、もっと大きな家に引っ越したいです。今でも大きいですが、メンバーたちが一緒に集まって住める大きな家。ひとつの家で一緒に住みたいです。家族だから。

 

 

お・わ・り

 

 

はいっ!次は、DKことドギョムさん!

あと少し!でも、これ終わったらどうしようかな?(笑)春に出たCeciも面白いけどな〜うーむ。

 来月は韓国へ〜今回も釜山!チュソク真っ只中だけども、気にしない!これも経験!ウジ君の故郷釜山〜!

福岡−大邱間の飛行機が就航したみたいだから、クプスさんの故郷大邱も行ってみたいけど、果たして何があるのやら?(笑)

3月の釜山では、無愛想な優しい?釜山男子に会って(靴屋の定員さん、謎の割引してくれたw)、ウジ君もこういうことなのかな〜とか訳のわからないことを考えていたな〜

あ、また終わりが長くなった!ではさようなら〜