読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こうなったら仕方ない。

メモ代わりに、ちょこっとづつ。

【SEVENTEEN】13 17 24 フォトブック~ジュン編①~

やっと!!7人目!

 

さて今回は、メンバーをよく褒めて、イェップダからは少しコンセプトをかえてシックな感じになったジュン君!何もすることがないと、気づいたら寝てしまうみたいです。若干目が空いた状態で。そうだ!あとはイェップダでジョンハンが後ろに下がってソファに座るとき、ジュン君がそっと支えてあげるのが好きです。個人的に。反対のエスクプスさんは、自分でくるっとまわって座ります。

f:id:gkfnzk1122:20160721125817p:image

 

 

 

 

 

 

f:id:gkfnzk1122:20160721125834j:image

ムン・ジュンフィ(1996.6.10/B型)

 

【インタビュースタート】

Q.韓国語が本当に上達しましたね。ファンサイン会では、ファンたちと韓国語で話をしないといけませんが、難しさはありませんでしたか?

A.まだ、ないですかね。ファンの方たちは、僕のことを息子のように接してくれます。わからないことがあれば親切に教えてくれて。「わかる?」という感じで。わからないと言えば、もう一度教えてくれます。それに、僕のファンたちは、手紙に韓国語と中国語を一緒に書いてくれます。

 

Q.ジュンさんはSBS MTV<THE SHOW>で、中国語で進行するコーナーをしているじゃないですか。それをしているとき、よりオッパのような感じがします。

A.ありがとうございます。僕はそんな感じはしません。なぜなら、ずっと韓国語のことを考えているからです。(?)

 

Q.それでも<THE SHOW>では、少し気楽じゃないですか?

A.そうですね、もちろん中国語なので楽なのは楽ですが、思ったより難しいです。なぜなら、それを見ているファンの方々は中国人ですが、ゲストで参加するのは韓国人じゃないですか。それにこんなこともあります。韓国語では面白い話なのに、中国語に通訳すると面白くなくなります。中国語では面白い話だったのに、韓国語で聞くと「ん?なんだこれ?」という感じで、面白くなく感じて。なので、すごく難しいです。

 

Q.ジュンさんは練習期間が長かったでしょう?

A.はい。2年半くらい練習生生活をしました。

 

Q.中国でも子供の頃、俳優活動をしていたじゃないですか。また中国に行って活動をしないと、という考えはありませんでしたか?

A.そんな考えはなかったと思います。なぜなら、僕は2歳から活動をしていたじゃないですか。で、そうしながらも韓国に来たのは、僕がやりたくて来たからです。むしろ、韓国でもっと練習して、もっと上手くいくようになって、韓国でも演技活動ができると良いな、と思っています。

 

Q.子供の頃は俳優をしていたのに、歌手になろうと決心したきっかけはありますか?

A.高校に行ったんですけど、一般の高校だったんです。僕はもともと、芸術学校にいって演技を習って、話し方を直して、大学も芸術大学に行きたいという夢があったんですよ。でも、僕が通っていた高校には、演技を教えてくれる先生がいませんでした。なので、入学したときは、歌を教えてくれる先生が僕の担当でした。そこで学んでみたら、まわりにK-popが好きな子がすごく多かったんです。そうした中で聞いていて、韓国に来てから、だんだんと好きになっていきました。

 

Q.演技ができない環境だったから、音楽への関心を持つようになったということですか?

A.そういうことではないんですけど、そんな新しい生活を感じたかったんです。歌手としてするステージと俳優や演技は、全然違うと思います。

 

Q.そんなに違うと思っていなかったのですか?

A.思っていませんでした。僕はステージでもいつものように演技をすればいいと思っていたんですけど、本当に違います。

f:id:gkfnzk1122:20160721130231j:image

 

Q.実家からとても遠く離れているので、両親もすごく心配するでしょう?

A.家族は、本当に僕のことをすごく心配しています。お母さんは、良くない夢を見るといつもメールで連絡してきます。僕たちがリアリティー番組の撮影をしに行ったとき、携帯を使えなかったじゃないですか。お母さんが僕に連絡をしたけど返事がないから、すごく心配してマネージャーヒョンに連絡しました。その前の日に、ちょっと良くない夢を見たようです。

 

Q.つらいときはどうしますか?

A.僕は、少し変なくらい、ストレスがあるとき寝て起きたら大丈夫になるんです。よく言えば、ストレスをあまり受けない感じなんですけど、悪く言えば、若干頭が悪いからそうなのかもしれません(笑)。

 

Q.まだ、韓国語も完璧ではなく、適応するのも大変なのに、誰かを助けようとする性格のようですね。メンバーたちにトーストを焼いてあげている動画もありましたね。

A.あ、それはメンバーに食べさせるというよりは、自分が起きたら絶対に何かを食べないといけないんですよ(笑)。なので、僕はいつも一番先に起きます。起きてご飯を食べて、行動をはじめます。

 

Q.宿舎ではあまり料理をしないでしょう?

A.台所はあるんですけど、する時間がありません。朝ごはんも外で食べて、たまにメンバーたちと出かけて、中国料理を食べたりします。思ったより、メンバーが中国料理をよく食べるのでびっくりしました。ミンギュは辛い鶏の足(닭다리)のようなお菓子もよく食べます。辛いので普通韓国の人たちは、あんまり食べられないものなのに、ミンギュが本当によく食べるんですよ。いつも冷蔵庫に4,5個くらいいれてるんですけど、次の日にはなくなります。

 

Q.メンバーたちとは主に何をして過ごしますか?

A.メンバーたちが一人一言づつ話せば、13個の話になります。そうやって話していると、1時間2時間とあっという間に過ぎます。マフィアゲームもよくするんですけど、しているうちに韓国語が上達する気がします。なので僕はいつも、紳士?いや司会者をするのが好きです。

 

 

つ・づ・く